CMSでは、Webブラウザを使ってホームページ上のコンテンツを簡単に追加、編集できます。その基本的な仕組みは、同じCMSの一員であるブログと同じです。

しかしブログは、時間軸やカテゴリーに沿った表記が中心で、機能的にも汎用のホームページを制作するために開発されたCMSではありません。そこで汎用サイトを構築するツールとして、Joomlaなどのポータルサイト系CMSが開発され、世界中の多くのサイトで導入されています。

CMS Joomla!では、自由なレイアウト配置、メニュー構成や豊富な拡張機能の追加などにより、サイトの用途に応じたカスタマイズが簡単に適用できます。Joomlaの導入により、SEO対策に配慮した、機能的でメンテナンス性に優れたホームページの制作が可能です。

CMS Joomla!は、ホームページ制作用ソフトウェアですが、ブログと同じように、Webサーバー側で動作するソフトウェアです。ホームページビルダーなどのクライアント向けホームページ作成ソフトではありません。また、オープンソースであるCMS Joomla!は、無償でどなたでも入手できます。Joomlaは、ホームページを運用するWebサーバー側にインストールして使用するため、Joomlaのバージョンに応じて、Webサーバー側の環境、利用できるデータベース(My SQL)やPHPなどのサポートソフトウェアのバージョンについて導入条件があります。特に、Joomla3では、PHPのバージョンが5.3.10以上であることが必要な条件となります。一部レンタルサーバーでは、この条件を満たしていない場合がありますので、Joomla導入前に確認しておく事をお薦めします。

これからのホームページ制作では、広告媒体としてだけでなく、世界中に向けた、ローコストな情報発信ツールとして、本来、ホームページが持っているメリットを最大限活かせる仕組みが必要です。業者任せではなく、情報の質や量を自らコントロールして、積極的に新たなホームぺージ活用のアイディアを生み出したい。Joomla!は、そんな情熱をもった企業、団体、個人にパワーを与えてくれます。百聞は一見にしかず、ぜひ、この機会にCMS Joomla!をお試しください。千住インターネットでは、少しでもそのような方々の力になれればと考えております。詳細については、お気軽に、お問い合せ下さい。