VPN

VPNとは、「Virtual Private Network」のこと。公衆回線をあたかも専用回線であるかのように利用できるサービス。企業内ネットワークの拠点間接続などに使われ、専用回線を導入するよりコストを抑えられる。

現在VPNには、インターネットを介し自前でVPNを構成する「インターネットVPN」と、ISPが提供するIP網を利用する「IP-VPN」の二種類が主流である。

ここで言う、VPNとは、バックボーンにインターネットを利用する「インターネットVPN」のことであり、通常のVPNサービスよりもさらに低コストでの利用が可能だが、インターネットの特性上、セキュリティや通信品質の確保はキャリアの通信網を利用するよりも難しくなる。

具体的には、回線に光ファイバーやADSLのブロードバンドを利用し、拠点のインターネット回線にVPN装置を接続することにより、インターネット上に仮想のプライベートネットワークを構築する。