ECオープンソース

長所
  • 自由なカスタマイズが可能
  • オープンソースなのでソフトウェアのコストがかからない
短所
  • 導入およびサイト管理には、専門知識が不可欠
  • サイトの信頼性は、レンタルサーバーに依存する
  • 別途SSLサーバー認証が必要となる

eccubelogoECオープンソースの導入は、インターネット上にあるインストール可能なレンタルサーバーの中にショッピングサイトシステムの全てを構築することを意味します。

自サイトに構築するのですから、その容量などは、レンタルサーバー次第で無制限に拡張できます。オープンソースを利用すれば、そのソフトウェアの利用料金はタダであり、カスタマイズも自由にできます。

magento logoしかし、その導入には、専門知識が必要であり、思ったようにカスタマイズするには、さらに高度な知識と経験が必要となります。さらに、SSLサーバー認証が必要となりますので、ランニングコストもかなりの負担がかかります。

それらを考慮しても、自サイトでもショッピングサイトの運営が必要な場合、千住インターネットでは、日本生まれのECオープンソースであるEC-CUBE、或は世界中に多くのユーザーを抱えるMagento(マジェント)をお薦めします。今も開発が続いているこれらのECオープンソースは、ショッピングサイト構築、運営に充分な機能を提供してくれます。

このほか、ECオープンソースとしては、Zen Cart(ゼン・カート)などがあります。